PR

CMを見るだけでポイントがもらえる

一転語

自己紹介

初めまして、わたしはきほりんと申します。
1941年の第二次世界大戦の時に産まれました。
今は70代で、ウキウキ元気で~す
私の過去の出来事ですが、36歳の時に難病である重症筋無力症と大学病院で診断されました。
重症筋無力症の症状とは、まぶたがさがったり、飲み込む力、えんげ能力の発揮できなくなり、ぱ、ぴ、ぷ、ぺ、ぽとかひゃ、ひゅ、ひょ等の発音がうまく発声がうまく出来なくなることもあります。
治療の間には、薬を2ヶ月くらい飲んでいましたが、4ヶ月目で薬を断つことを決断しました。
この決断には、ある一人の方の言葉が私を救ってくださったのです。
それは、天使の言葉だったと思います。
「薬は半分にしなさい。薬に頼ってはダメよ」
その方は、その大学病院で、一番重い重症筋無力症症の患者さんのお母様のアドバイスでした。
みるみるうちに回復していき元気になりました。
また、41歳の時に乳ガンが診断されました。
その時のガンは、初期症状だったので、手術を受けました。
私はこの時も抗ガン剤は一切行いませんでした。
そのおかげですこぶる元気です。
そんな体験を通して、若返り体操をして、100歳まで健康で生きていきます。

スポンサーリンク